供養の形はオンリーワン・ペット葬儀の今を知ろう

遺骨を残す供養~ペット葬儀で遺骨の保管をする方法~

遺骨をすべて散骨する?~粉骨による手元供養~

女性

ペットの遺骨、手元に残している皆さんはどのようにお考えでしょうか?粉骨まで済ませた物はすべて散骨するべきなのでしょうか。

遺骨を少しだけ残す意味

ペットの大きさにより、火葬で残る遺骨はほんのわずか。粉骨を行いパウダー状にすることでさらに容量が少なく感じられます。この遺骨を散骨することは良いのですが、すべて自然に還してしまうと、心のよりどころがなくなってしまいます。できればほんの少しだけでも手元に残す「手元供養」も考慮に入れることをおすすめします。散骨・自然葬を選択し、納得できる葬送を行った後も、わずかな遺骨を残し、自宅で供養することで精神的な落ち着きが生まれることがあります。

粉骨後の保管方法

骨壺
粉骨をすることで遺骨のかさが減り、よりコンパクトに安置することができます。自宅で手元供養を行う場合、ハガキよりも小さなサイズの骨壷に収めることで身近にペットを感じることができます。また、骨壷に可愛いカバーを掛けることで、インテリア性も増し、「骨壷であること」を他人に感じさせることもなく、安置できます。
ペンダント
家族が決めた散骨に違和感を持っている、空へ渡った後もずっと離さずペットを身近に感じていたいなどという方は、粉骨した一部をペンダントに加工することも可能です。手元供養の一つとして遺骨を封入できる物や、遺骨をうわぐすりの一部に使用し焼成する陶器のペンダントなど形はさまざまです。いろいろなグッズがありますので、ライフスタイルや好みに合わせて選ばれることをおすすめします。

分骨は咎められない

散骨と手元供養というように、分骨をすることで、亡くなったペットが還る場所を見失ってしまうのではないかと悩まれる方もいるようです。でも、納得をして散骨しても数年経過すると散骨した骨は淘汰・風化してしまいます。お墓ではないのでよりどころにならないことも考えられます。そのため、分骨によって心のよりどころとなる物を残しておけば、時間の経過によって現れる「心残り」も解消できます。分骨したものやペンダント等のグッズも将来的に寺院などへ収めることができるので、気持ちの変化にも対応可能です。

TOPボタン