供養の形はオンリーワン・ペット葬儀の今を知ろう

散骨方法は自由自在!ペット葬儀で覚えておきたい散骨のパターン

供養の形は人それぞれ~散骨によるお見送り~

粉骨

最愛なるペットの供養の形は人それぞれですが、ペットが生前大好きだった場所や、温かく包まれるであろう場所に散骨する方が増えています。

ペット葬儀で人気の散骨

これまではペット霊園の納骨堂を利用することや、ペット専用墓地を購入し個別に埋葬される方など様々でしたが、昨今では散骨供養へのニーズが高まっています。高齢化が進み供養がしにくいという点や埋葬にかかる費用面での負担増が理由として挙げられます。火葬後の遺骨を散骨というお別れの形を取り穏やかに別れの儀式を行う方が増えているのです。

ペットの散骨に関する質問

ペットの散骨はどのようにして行なわれるのですか?
ペットを火葬にしたのち、遺骨をパウダー状になるまで粉骨します。その遺骨を海や山、公園などに散骨することでお別れの儀式としています。葬儀を執り行った後に、火葬~散骨という形でペットを見送り、散骨できる場所も複数紹介できるペット葬儀社もあります。急なお別れでも迅速に対応してくれますので、確認してみましょう。
どこに散骨するのですか?
ペットの散骨場所としてポピュラーなのは、山林や海です。山や海といった自然に遺骨を返すことで、近い未来の生まれ変わりを祈ることができます。中でも、クルーザーに乗り沖合まで出てから水溶性の紙に包んだ遺骨を散骨する「海洋散骨」が人気です。また、ご自宅の庭先に散骨をされる方もいらっしゃいます。生前ペットが大好きだった場所に散骨することで、残された家族も気持ちが安らぎます。

散骨の注意点

ペットの散骨に関して、それを禁止する法律はありません。環境を壊さないナチュラルな葬送として注目されており、直接埋葬することと比べればはるかに衛生的で安心です。でも、「散骨」という行為に抵抗がある方も見られます。遺骨は、骨の形が分からないようパウダー状にすること、人通りが多い場所や公園、他人名義の私有地、漁港、海水浴場などには散骨しないことなど最低限のモラルとマナーを守りましょう。

散骨で大事な粉骨~飼い主に与える影響~

これまでの日々を共にした我が子のように大事なペットの遺骨を粉骨することで、飼い主が受ける影響はあるのでしょうか。

粉骨をした人の声

散骨のために粉骨してもらったのですが、悲しいよりも綺麗という気持ちになりました(40代/女性)

ペット葬儀を行ったあと、埋葬はせず散骨を決めていました。業者に粉骨を依頼したのですが、業者の方も私たちの気持ちに寄り添ってくださいましたし、丁寧に遺骨を取り扱ってくださいました。ペットロス症候群の状態が続いていましたが、綺麗にパウダー状になって戻ってきた愛犬の遺骨を見て、やっと気持ちの整理がつきました。

散骨前の粉骨の重要性

散骨をする上で、パウダー状に粉骨することは最低限のマナーととらえましょう。骨の形が残ったままでは、残された家族ばかりではなく、第三者にも視覚的な影響が及びます。粉骨を行うことでペットの遺骨が土に早く還りますし、見た目にも良いパウダー状にすることで家族も「良い思い出」としてペットとの毎日を振り返れるようになると言われています。ペットロスを長引かせることがないと考えられています。  

TOPボタン